2017年11月19日

【トレードの道具】相場師朗さんの手法を基本にした…しまねこの週足チェック公開!

しまねこです。

先週の日経平均(日足)は、6日連続の下落から20日線で陽線が出て反発⁉と思いきや陰線…と、分かりにくいチャートになりましたね。
今週のローソク足で方向性が決まるのかなと思っています。

さて、毎週やっている週足チェック、しまねこの週足チェックの流れをちょっと公開してみます。
基本的には「相場師朗の株塾」で相場師朗さんがお話されていたものを参考にしています。(それを効率化できないか…いろいろ考えています)

上手くいっていない しまねこのやり方なんか参考にならないよ~って声も聞こえてきますがw
ツッコミどころあったら、コメントくださいませ


しまねこの週足チェック その1

しまねこの週足チェックは…まず、週足で「半分の法則」になったもの、「逆半分の法則」になったものをチェックしていきます。

先日、マネックス証券のTradestation(トレードステーション)で「半分の法則」や「逆半分の法則」を検出と書きましたが、こちらで行っています。
参考までにこちらの記事です↓



週足で「半分の法則」をチェックすると…今回は以下の銘柄が該当しています。
コスモス薬品(3349)
パーク24(4666)
アイシン精機(7259)
少ないですね…。

weekly_chk.PNG

今週は、週足で「逆半分の法則」になったものがものすごく多くて、61銘柄も!
でも、そのうち35銘柄は20週線と60週線が上を向いているので空売りを入れるのも慎重になりますね。

「逆半分の法則」になったものは、チャートを見ていって、「逆日大」や「Try届かず」になっているものなどを重点的に見ていきます。


しまねこの週足チェック その2

次に、週足で何本目なのか?を確認します。
現在本数を自動で抽出するものも作成中。

「7の法則」(=上げても下げても連続は7本まで。多くは4.36…本くらい、という法則)から、
上げて4本目以上とか、下げて4本目以上の銘柄は危険なので排除しています。

…最近の上げで週足連続7本とか9本とか上げた銘柄もありましたが…イレギュラーってことで無視しています。(こういうの取れたら嬉しいですね、、)

今週は 週足で下げて2本とか、3本目の銘柄が多かったです。


しまねこの週足チェック その3

後はひたすらJPX400の週足チャートを見ていきます。(その1や2でピックアップした銘柄以外)

この中でチェックしているのは、「日大」になりそうなものとか、下値切り上げ等、移動平均線の傾きを中心に見ていっています。
もしかしたら、移動平均線だけ出して見ていってもいいかもしれないですね。そうすれば時間短縮も出来そうです。


楽しい予定も詰まっている週末。
来週の為には週足もチェックしておきたいし…そんな中で編み出してきた方法です。

JPX400全部を見ずに、自分の銘柄はこれ!と決めておけば作業も短縮できますね。
しまねこはちょっと欲張ってJPX400全部見たい…派なので、こんなやり方になりました。
更に精度をあげて、効率も上げて…進化させるべく頑張ります!

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 22:22| Comment(0) | トレードの道具・技 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

【トレードの道具】しまねこシステムトレードの世界に!

しまねこです。

元SEならトレードステーションを使ってみては?
というコメントを頂いたのをきっかけに、システムトレードの世界に一歩足を踏み入れました。

ちょっとずつ学んだことを書いていきたいと思います。
あ、もちろん最優先は練習練習練習!なので、リーディング&ペイント練習をすることですが、その合間に♪

システムトレードのツールはいろいろありますが(初めて知った!)その一つであるトレードステーションを始めてみました。


トレードステーションとは?

Tradestation(トレードステーション)はマネックス証券のシステムトレードツールで、なんと無料!✨



去年相場師朗さんのセミナー動画がアップされていて、その動画を見て以前から知っていました。
その動画はこちら。


マネックス証券のセミナーなのでリップサービスもあると思うのですが、相場さんも道具として使いこなしていきたいと仰っています。

その時はこんなツールがあるんだ~!と思ったものの、その後 特に行動に移してなかったのですが、改めてちょっと面白いかも。と思って今回試してみました。


トレードステーション利用まで

トレードステーションを利用するにはマネックス証券の口座を作る必要があります。



登録が完了したら、WebアプリではなくWindowsアプリケーションなので、ダウンロードしてインストールします。
アップデートもあって、少し時間がかかりますが、ここは我慢。

開きました!初期画面(初心者向け画面)はこんな感じ。

TradeStation_beginner.png

これに相場さんのセミナーで用意されていた「相場師朗氏監修ワークスペース」を利用すると、いつも利用するチャートギャラリー風になります。


画面は白ベースで移動平均線は5、20、60、100、300日線で色もそれぞれ赤、緑、青、紫、オレンジになっています。

TradeStation_aibaChart.png

トレードステーション利用にあたっての注意事項☆

トレードステーションはツール利用料無料というのは素晴らしいのですが、普段マネックス証券を使っている方は要注意!なことがあります。
トレードステーションを利用すると手数料体系が一日定額プランに変わってしまいます。

手数料の詳細はこちら(トレードステーションのサイトにリンクします)

それと、IPOが申し込めなくなるのでご注意くださいね!これが地味にネックかもしれません…。
マネックス証券の他のアプリも使えなくなるのでしっかり確認してくださいね。


トレードステーションで出来ること

トレードステーションで出来ることはざっくりあげると、

銘柄検索から発注(手動・自動)
チャート分析
ストラテジー(売買プログラム)作成
バックテスト

…株取引のすべてが出来る、と思います。
いろいろ機能はありますが、触っているとわかる感じで、おもちゃを手に入れたようで楽しいです♪(個人的な感想です
詳細な機能はマニュアルや動画説明をご覧ください。


移動平均線を消したり、いろいろできるので相場さんの手法を学ぶならパンローリングのチャートギャラリーは必須ではありますが、トレードステーションのチャート過去データは最大25年分見られるので、リーディングに、チャートギャラリーの代わりに使うのも一応はアリかも、です。

それと、チャートギャラリーではExpert版じゃないと米国株のチャートが見られないのですが、このトレードステーションでは見ることが出来ます!
その為には事前に為替振替もしくは外国株取引口座へ外貨振替する必要があるので、簡単に…というわけではありませんが、
チャートギャラリーのExpert版は15万円もするので、米国株取引をするときには選択肢になるかもしれません。


中でも、しまねこが注目しているのはスクリーニングの機能。
出来高100万株以上の銘柄を抽出、という簡単なものだけではなく、現在「パンパカパーン」の銘柄や「半分の法則」が出たもの等、技の出現を検出できます
試しに簡易ですが、「パンパカパーン」と「半分の法則」になった銘柄を抽出してみました。

「パンパカパーン」は「PPP」逆パンパカパーンは「PPP-A」(A局面のPPPの意味)の列に〇を付けて、「半分の法則」になったものは「Half」の列に、「逆半分の法則」になったものは「Half-A」の列に〇を付けてみました。
EasyLanguageというトレードステーション専用の言語があって、それでプログラミングが出来ます。

TradeStation_aibamark.png

トレードステーションの「レーダースクリーン」でフラグを付ける方法にしましたが、「スキャナー」で該当の銘柄だけ抽出することもできます。


しまねこがシステムトレードで目指すこと

ちょっと描く未来は「半分の法則」が出たら自動売買…なーんてものですが、ストラテジー(売買プログラム)の勝率を高めていけば確かに可能かもしれません。
そして、そのストラテジーが過去どのくらいの勝率を上げているのか25年分のデータを使ってバックテストで確認出来ることが凄いなと思っています。

直近のGoalは週末に、週足で観察銘柄ピックアップの判断していることを落とし込んでストラテジーにできればと思っています。スクリーニングのサポートになるし、判断していることも言語化出来ると精度が高められそうです。

将棋のプロも将棋AIソフトを研究に利用していると聞きますし、これに頼り切るのは職人として違いますが、鍛錬を重ねる"相棒"として使っていくのがいいかな~と思っています。

もっとチャートの先を読めるしまねこになれば更にツールも進化するという…素敵な未来。
いろいろ試してみて(遊んでみて)まとめていきますね~♪乞うご期待

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 09:00| Comment(0) | トレードの道具・技 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑リストと相場師朗さんの語録

しまねこです。

しまねこの株取引の記事を見直していたら…
相場師朗さんを知らない方にはなんだか暗号みたいな言葉がいっぱい…!!
なんて不親切な…💧と気づいて、図鑑リストと用語集をまとめてみました。

図鑑はまだ未完成。少しずつ育てていきます。
更新日:2017/10/16


トレードの形(カタ)図鑑リスト

No. トレードの形(カタ)/技/目印名 しまねこまとめ記事 チャートで見つけてみよう
Try届かず
(トライ届かず)
【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑①Try届かず 【トレードの練習】形(カタ)①『Try届かず』を探してみよう 日立建機編
陰線新値8本 【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑②底の目印:陰線新値8本 しまねこ準備中
もの別れ
(ものわかれ)
【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑③もの別れ しまねこ準備中
半分の法則/逆半分の法則
(下半身/逆下半身)
相場師朗の株塾No.95:基本中の基本🌸半分の法則
相場師朗の株塾No.117:「半分の法則」と「逆半分の法則」の特集
しまねこ準備中
くちばし/逆くちばし しまねこ準備中 しまねこ準備中
日大/逆日大
(N大/逆N大)
しまねこ準備中 しまねこ準備中
パンパカパーン/逆パンパカパーン しまねこ準備中 しまねこ準備中
くっつきコアラ 上昇編
相場師朗の株塾No.122:20日線にくっつきコアラ
相場師朗の株塾No.122:20日線にくっつきコアラを発見してみよう♪
ちょい上げちょい下げ 【株塾の復習】No.4 株価のうねりの動きの明らかな特徴とその理由Part2 しまねこ関連記事
移動平均線が下向きの5日線下の陽線は信じない しまねこ準備中 しまねこ準備中


相場師朗さんの語録

No. 相場さん語録 しまねこが理解しているコト しまねこ関連記事
1 全てはチャートに表れる ニュースや業績、人の思惑等全てはチャートに織り込まれるということ。
チャート至上主義!
【株塾の復習】No.33 「すべてはチャートに表れる」
2 練習95:本番5 実弾(お金)を投入する本番トレードは甲子園やピアノの発表会の位置付け。
それに出るために多くの練習が必要。練習に95%割こう!
【株塾の復習】No.30 「練習(研究)95、本番5の考え方」
3 上がって横ばい、下がって横ばい、つかまって白バイ 上昇(C)局面の次は横ばい(B局面)基本その後は下落(A)局面でその次は横ばい(B局面)になること 【株塾の復習】No.32 株取引の「場帳」はつけた方がいい?
4 時間軸に負けない (うねり取りで、しっかりとしたプランがあること前提)
狙っている動きをするまでには日数がかかる。その時間軸に負けず仕込んで、大きな上昇/下落を取る
※ショットガンでは戦い方は違います
【株塾の復習】No.37 20日線を越えたところの対応


詳しく知りたい!と思われた方へ

しまねこも学びながらまとめていきますので、興味を持ってくれて、もっと知りたい!と思われた方は本家本元の相場師朗さんの動画や書籍をぜひ見てみてくださいね。



最近(10/5に)発売となった相場師朗さんの新刊『一生モノの株のトリセツ』に"技"やエントリーの"目印"が分かりやすく説明されています。


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 19:08| Comment(2) | トレードの道具・技 | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑③もの別れ

しまねこです。

チャートでよく出てくる形(カタ)を一つ一つ見て行きます。
今回は「もの別れ
上昇の時と、下落の時どちらもあります。


上昇時の「もの別れ」

上昇の時はこんな感じ。
上昇時のもの別れ
上昇して横ばいになり、ローソク足が5日線を割り込んで20日線に近づくけれども、上向きの20日線手前で再度上昇するパターン。
この場合は反発する陽線で買いを入れて、上げを取ります。


下落時の「もの別れ」=「逆くちばし」の後の「もの別れ」

下落の時はこんな感じ。
下落時のもの別れ
下げてきて、一度上昇して下向きの20日線に近づき、下げるパターン。
この場合は、5日線を陰線で割った「逆半分の法則」で空売りを入れて、下げをとります。

この「逆くちばしの後のもの別れ」は株塾No.97に登場した株エリナさんの得意技ですね。


形はわかっても実際のエントリーは難しい

このパターンを予測して、この形になったらエントリー!
上昇時のもの別れなら買い、下落時のもの別れなら空売りのエントリー。

でも、必ずこの形になるわけではなく、上昇時にローソク足が5日線を割り込み、20日線近辺で反発せず、そのまま下げてしまうケースもあります。
移動平均線の向きをしっかりみて勝率をあげることと、株はいつも予想通り動くわけでないので建玉の操作(空売りと買いのポジション調整)は必須と思います。

そして、例えば20日手前で陽線が出ても、エントリーする勇気が必要です。(無謀な勇気ではなくて、違う動きになっても対処できる技とメンタルに裏打ちされた勇気✨)
これは練習を重ねる中で、積み上げるしかないですね。

しまねこは、まだこの「もの別れ」を上手く取れないので、練習あるのみ!です。
これは絶対、得意技にしたいです。

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 23:55| Comment(4) | トレードの道具・技 | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

【トレードの道具】チャートの形(カタ)図鑑②底の目印:陰線新値8本

しまねこです。

底の目印:陰線新値8本

今回取り上げるのは、「陰線新値8本
これは相場師朗の株塾No.33(No.35で補足されてます)、No.37の放送でも出ています。
ちなみに、相場師朗さんの有料教材の『7Step株式投資メソッド』でも出てきます。

下落時に、前の安値を割って下げてしまった場合、どこまで下がったら底なの?って見極めが難しいですが、その見極めの道具の一つがこの「陰線新値8本

実際には、No.33で説明している節目日柄を合わせて使うことによって確率が上がると思います。


どんなものかというと、陰線の終値の新記録が8本出たら底を打つというもの。
陰線が続いても、安値の新記録が出たものを数えます。なので、陰線が横に並んだり、終値を切り上げた陰線は無視します。


実際にチャートで見てみると

チャートをいろいろ見ていると、なるほど~と思えます。
以下の場合は、陰線が9本出ていますが、横並びの陰線があるので、安値の新記録は8本のところで底になっています。且つ、16,000円の節目。

insenshinme.PNG

最近相場さんは「7の法則」押しですが(上記チャートでも真ん中のは「7の法則」がしっくりきます)、下落の底の目安としては「陰線新値8本」は使える目印だと思っています!
これもチャートを30年分見て行きたいと思います。

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 12:00| Comment(2) | トレードの道具・技 | 更新情報をチェックする