2017年11月18日

【株塾の復習】No.50 「自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか」

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.50 2016/5/10放送分のテーマは「自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか」

この回で相場師朗さんは、多数の著書を持ち「通販大家さん」を手掛ける金森重樹さんが知人であることを明かしています。
そして、不動産投資もされていることも。
金森さんはふるさと納税の本等でも知られていますね。

しまねこは最近『幸せとお金の経済学』という本を読んだのですが、この本の監修を金森さんがしています。
『幸せとお金の経済学』は幸せとお金の関係について書かれた本で、冒頭、金森さんの奥さんの話を例に出して、お金と幸せが比例しないこと、周囲との比較により満足を得る幸せ(この本の中では「地位財」と呼んでいます)ではキリがないことを書いています。

お金持ちはお金と幸せが比例しないことに悩んでいるんですね…。
自分がそんなステージに居ないので、なんとなくふーんと見ていましたが、生々しくてちょっと興味深かったです。


放送当時の東京マーケット

放送日は「半分の法則」。「上がるべくして上がってる。」
相場さんは「大量に仕込んでいます」と仰っています。
この時のチャートの形、しっかり目に焼き付けておきたいですね。

no50_nikkei225.PNG


テーマ「自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか」

「自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか」…禅問答のようなテーマw
これは、相場さんの大好きなテニスの錦織選手のお話。

(正確に何の試合かはわかりませんが、、)1セットを終えた休憩中にアナウンサーが「錦織選手は今何を考えているんでしょうか?」が問いかけたのに対して、解説者が「今きっと、自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか、冷静に考えているはず。そして第1セットの反省をしているはずです。」と答えたそうです。
これが相場さんの株職人の心を震わせたそう。

相場さんは引けのチャートを見て「自分は何をするべきか、相手は何をしてくるか」を考え、過去の反省も含めて作戦を練る。
いつも同じこと言ってますよね。職人は同じ!

株職人を目指して極めていくと、他の分野の極めた方の言葉がものすごく響くようになる。そうならないといけない!
しまねこはまだまだですが、先日和菓子職人の言葉が響きました!


リスナーからの質問

リスナーからの質問を見ていきます。
陽線陰線が交互に出てくる場面であたふたしてしまいます。
例えば、千代田化工建設(6366)2013/5/16~6/28のような。
このような場面での建玉の操作など注意点があれば教えてください。
流れが無いので難しい。
相場さんだったら…という建玉を見せてくれていますが、相場さんでも難しい場面!

no50_6366.PNG

初心者の人はわからなくなったら一回止めて、上か下に抜けるところから入ること!
「日大」になったところからなら、入れそうです。


今回、課外授業の後半では宿題が出ました!
→コニカミノルタ(4902)のチャートを見ていく。
こちらについては別でまとめたいと思います!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 23:25| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

【今週の相場師朗の株塾】この下げは調整?暴落?日経平均の考察

しまねこです。

今日は火曜日!ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」の日です。
テーマは「日経平均 考察」


今日の東京マーケット

生放送嬉しいです♪東京マーケットの解説から。

売買高も3兆円割れ。利益確定の売りが多くなってきた。
業績が良くても下がったり、悪くても上がったり…買いたいと思う人が多ければ上がり、売りたいと思う人が多ければ下がる。
株価は需給で動いている。


テーマ「日経平均の考察」

今後の日経平均を考えてみますが…半年先や一年先というのはわからない。
年初に一年の予想を出す記事が出るが、それは書き手が自分なりの論理を積み上げて書いているとは思うが、はっきりわかるわけではない。
一年の間には政治的な出来事や国際的な動きもある。

日経平均の週足・月足・日足を見ていくと、月足は長い間上を向いている。
週足も元気よく上を向いている。

日足はパンパカパーンだが、2日前に23,000円のところで長い上ヒゲ・下ヒゲ陰線を付けて、昨日5日線を陽線ながら割り込んだ。
今日は陽線で終わっているが、昨日より下で始まって下で終わっているので"悪い"陽線。
3ヵ月ぶりに20日線を2日間割った。
これは重要なことで、9月以降5日線をローソク足が割ったのは1日だけで、その時はコマですぐに5日線上に戻っている。

no128_nikkei_d.PNG

陽線というのは、朝売られたけれども、戻った ということ。
20日線と60日線が上を向いているということは、基本は買い姿勢。
下がるかもしれないが、いつ上がるか見ていく。
これだけの上げだと利益確定はある。このまま下がるかはわからない。
先のことは誰もわからないけれど、その後20日線に当たって上げた後すぐ下げれば弱いんじゃないか?というのはわかる
利益確定の売りが出て安く始まって、まだ上がると思う人が買うからこの2日間の陽線になる。(陽線の気持ちw)

今は下がってきても、いつ上げるか…という気持ちで見ていって、よーし売りまくってやるぞ!となると持っていかれる場合がある。
本格的に売りで攻める場面はローソク足が20日線まで下りてきて陰線で割り込み、一度は騰がるが戻りが弱く、それを何度か繰り返した後。
20日線が寝てきて、過去に買いを保有している人がそろそろ切らないと危ない…ということで雪崩のように下がってくる。
そうなると更に外資の空売りも入ってくる。
20日線にローソク足が何度か触ることを繰り返さないと、大きな下げにはなっていかない。

週足もパンパカパーンだが、4月や8月の終わりに20週線の下に出たりしていたが、まだ5週線の上で陰線。
まだパンパカパーンの途中であることを認識して、あまり売り込まない方がいい。
現時点では、一時的な利益確定の売り。
5週線を割ってきて、20週線まで下げても不思議ではない。流れを冷静に見れば、20週線まで下げて戻ることも十分ありうる。思いっきり売りという場面ではない。

no128_nikkei_w.PNG

月足では(見ているのは長期の週足でしたが)、依然カップウィズハンドルの可能性がある。
もう少し下げたとしてもいずれ戻る可能性もある

no128_nikkei_w_long.png

月足の20ヵ月線の高値を見ていくと、月足ベースで強い。

no128_nikkei_m.PNG

個別銘柄は「逆半分の法則」で売りを入れてもいいけれど、いつ上がるか?と警戒しながら入れること
「半分の法則」が出たら買いを入れる。
前の高値を抜いてきたら追加をする。
5日線を割らない限り保有し続ける。
5日線が横ばうか、「逆半分の法則」で5日線を陰線で割り込めば切る。

全体の動きがどうでなろうと、ミクロの動きを日々していくと、気が付いたら大きな相場が取れていた…ということになる。
人生でも、日々の生活を充実させていって、5年後の目標に向かっていく。
ただ、日足の動き(小さい動き)に捕らわれと失敗するので、週足を見てトレンドを捉えて、日足でトレードする、を徹底する。


日経平均にとらわれず、個別銘柄の動きを

個別銘柄の動きも見ていきます。

アイン(9627)
相場さんは週足として説明していますが、長期の日足。

no128_9627.PNG

ちょっと上げているが、下げそうな雰囲気

NTTデータ(9613)

no128_9613.PNG

東宝(9602)

no128_9602.PNG

東邦ガス(9533)

no128_9533.PNG

東京マーケットが上昇している時もひたすら下がている。逆パンパカパーン。一回戻したんだけれどもやっぱり駄目だった。

個別銘柄は宝の山。週足で見ていくと将来が読める。


進歩していくこと

毎日、同じことの繰り返し。起きて顔を洗って…
相場さんは進歩が無いといけない、と。
しまねこもこの言葉、身に沁みます…。
スケジュールは進歩の為に入れないといけない。
食事会も愚痴を言って終わるんでは無くて、楽しく過ごすのも進歩。


12月3日に「暴落集中セミナー」が開催されるそうです。

暴落集中セミナー2017の詳細はこちら(お申込み期日は11月21日までだそうです。)

この「暴落集中セミナー」過去にも開催されていますね。昨年のダイジェストもこちらに公開されています。
相場さんは前の講義録を使い回すのではなく、自分の為にもなって、受講生の為にもっとなるものにしたい!と意気込んでいました。
意識の持ち方で変わる。
株でも、今弱いからいつでも切れる買い玉と、上がると思って入れる買い玉は違う。意識は大きい!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 20:08| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

【株塾の復習】No.43 伝道師前川さん誕生!の回

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.43 2016/3/15放送分は「スペシャル企画 相場先生のお弟子さん登場」で、前川佳紀さんが伝道師として認定された回です。
No.112で前川さんが登場されて、この回を振り返っていますね。No.112もすごく為になる回だったので、また復習したいと思います。


改めて前川佳紀さんについて

相場さんの手法に出会うまでも投資歴は10年…とそれまではいろんな投資セミナーを受講していたそう。
相場さんの手法に出会って、大手美容整形外科の医院長の職を辞して、株の技術を研鑽しているプロトレーダー。
カーレースでも年間チャンピオンにもなっているそう。
心臓血管外科の先生でもあり、技術を極めることが好き。
課題を克服して上手くなる方は、職人気質というか…技術の習得方法が身についているんでしょうね。


前川さんがトレードについて語る

暴落は年に3回は来る。この時は暴落があって、その下げを利益に変えられたようです。
初め暴落が来たときは、習っているにも関わらず「師匠どうすれば~💦」と思ったけれど、「教えられた通りに、いつも通りやればOK!」と言われ、売りを足して買いを切る…という、今となっては基本を体験的に理解できて、きちんと取れるようになったとのこと。
基礎技術を理解した上で、自分自身の必勝パターンを増やしていきたい、というのが目標。
この回から前川さんの「トレード技術説明会」がスタートしました。

リスナーからの質問に伝道師が答える

いつもリスナーの質問には相場さんが答えていますが、今回は前川さんが答えて、伝道師の資格があるのか…確認する、という流れで始まりました。
年の終わりは手仕舞うと仰っていたので手仕舞い、去年の利益は持ち越すことが出来ました。
14時半に注文を出すと仰っていましたが、指値の値段をどうすればいいかわかりませんでした。
基本、成行で入れる。9時、14時半~15時。その時の成行で入れていく。


某ストラテジストが開始30分、閉まる前30分前は玉の整理が入ったり、デイトレーダーが出動する時間なので様子見をした方がいいというコメントがありました。この時間帯にトレードする特別な理由がありますか?
また寄付きの他、14:30にも出動されるのはどのような理由からですか
相場さんの手法は月足・週足を見て方向性を決めて日足を見てトレードする。
前の日のローソク足を見て、翌日の寄付き(9時)前にオーダーを出す、というのが基本中の基本。
この時間は世界中のトレーダーが注文を出してこなれている値段なので適切な値段になる。
その進化版として、昼間にトレードできる人はその日の14:30にはその日の日足が完成したとみなしてオーダーを出すのもあり。
相場さんの手法は大きな流れを取っていくものなので、前日のギャップアップ、ギャップダウンは気にしなくてもいい。


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 23:52| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

【今週の相場師朗の株塾】「戦いやすい場面、戦いにくい場面」基本に立ち返って赤と緑!

しまねこです。

火曜日です!ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」まとめていきますよ。
さて、今日のテーマは「戦いやすい場面、戦いにくい場面」

相場さんは月曜日に松本大学で講師を務められていて、学生向けに教えている中で今回のテーマとなったそう。今日は基本!に立ち戻るテーマ。

昨日は松本の温泉に、金曜日は伊勢原の陣屋と温泉三昧とのこと。


素敵な温泉旅館ですね~行ってみたい!
伊勢原はしまねこも行ってきた大山の最寄り駅。(大山の紅葉こちらから)凄く近い所にいました!


東京マーケットの解説

株価は4日続伸。1992年1月9日以来の25年10ヵ月ぶりの高値
売買代金も4日続けて3兆円を超えている。盛況

現在5、20、60、100日線の順番で上を向いて上げているパンパカパーン時は空売り危険!⚠
5日線が一時的に下げても、20、60、100日線が元気に上げているときは、元に戻ってしまう。
リアルの株塾でも「(パンパカパーンの時は)20日線に当たってか、当たる前に陽線が出たら買いなさい」と教えている、と。
多くの人が儲かっていて、住友金属鉱山(5713)で800万円‼儲かっている方も!
わぁ~しまねこもこんな利益を上げてみたい‼
20日線の下にあったローソク足が、上に抜ければとりあえず買いなさい」とも教えているそうで、20日線を陽線で抜けた時にエントリーして、そのまま持っていてその利益になったそう。住友金属鉱山のチャートを見てみると…

no127_5713.PNG

基本通りですね。しみじみ
しまねこも来年相場さんに豪華な誕生日プレゼントが贈れるように頑張らないとっ

株好きになると、空売りで取りたい気持ちが抑えられなくなるが、移動平均線が寝てこないと空売りはやり難い。現在は空売り危険!
食品株はパンパカパーンではないので、空売りを狙うならこの辺りを。


テーマ「戦いやすい場面、戦いにくい場面」

5日線が20日線の上でどちらも上を向いている時。基本的には上昇。売りはしない方がいい。基本的な玉は買い

20日線が下を向いていて、5日線が下にある。基本的には売り

20日線の上に5日線が出たり下に行ったり。(これをA、B、Cと分類してから、いつもの分類とぶれて分りにくくなったので、使わなくなりましたねw)

今自分の銘柄がどれになっているのか?を見ていく今の戦い方が分かる。なのに空売りを入れるとやられる確率が高い。で陽線が出たから買ってみたら下がってしまう。

マツモトキヨシHD(3088)、1のパターンなので、基本的には買い。

no127_3088.PNG

スタートトゥデイ(3092)は2のパターンで、買ってはいけない。

no127_3092.PNG

トヨタ紡織(3116)全体的に上げているからといって買ってしまうとやられてしまう。

no127_3116.PNG

ウエルシア(3141)20日線が横ばっていて、5日線が上下している。買うと下がってしまい、売ると上がってしまう。戦いにくい場面

no127_3141.PNG

野村不動産HD(3231)20日線が下で5日線が上。基本は買い。
5日線は上にあるが、下を向いているので、上を向いてから買った方がいい。

no127_3231.PNG

セブン&アイHD(3382)5日線が下を向いているので、上を向いたときに買うのがいい。

no127_3382.PNG

「日大」では買い、20日線の下に5日線があり、下向きの時は買うとやられてしまう。

加藤満理子アナの観察銘柄 丸紅(8002)で見ていきます。
加藤さんもとうとうwトレード始めるのでしょうか?(楽しみ♪)

no127_8002_1.PNG

no127_8002_2.PNG


☆やり易いところ

上に緑、下に赤があるところで空売りがやり易い
下に緑、上に赤があるところで買いがやり易い
上に緑、下に赤があるときに一度上がってまた下がった=下落の「もの別れ」がやり易い
下に緑があって、上に赤があるときに一旦赤が下がって、緑を割らずに上がったとき=上昇の「もの別れ」がやり易い


☆やり難いのは

赤と緑が絡むやつ。非常にやり難い


リスナーからの質問

教えられたエントリーポイントで入り、逆行した場合はスクエアにする方法を繰り返しています。結果負けは無いのですが、800万円に対して利益は150万円です。すぐにヘッジを入れると大勝できないのでしょうか。
すぐにヘッジを入れるのはやめた方がいい。
日足を見ていて、買いで入ったが下げてしまってヘッジ→安全策としてはいいが、もっといい方法がある。

日足より、月足と週足は関わっている人数が違う。多い人数でできた足の方が堅い。
週足で見てエントリーポイントと思ったところで(週足で買いだなと思った)翌週、日足がそのような方向に動いた時にエントリーする(陽線が出た場合にエントリーする)
週足トレンドは3~4週間続くので陰線が出ても我慢して、持ってみる。そうすると早めに手仕舞うことになる。すぐに反対方向でヘッジを入れることがなくなる。
ショットガンなので、反対方向に行ったときはヘッジでは無くて切った方がいい。

800万円で150万円なので、年利18%日本の証券会社のディーラーよりも成績がよい。
8億円だったら1億5,000万円に。8兆円だったら1.5兆円‼
プロは特別な所で入れているわけでは無く、プロほど簡単な所で多く入れている。
成功率が上がったところで少しずつ株数を増やして、億トレーダーになっていく。率は同じ。


上昇相場でのメンタルコントロールについて。
順調に上げていた銘柄が、場中で節目に当たって急降下。要らぬことをしてマイナス発生。
一つが狂うとメンタルに来てしまいます。これを打開する方法をご伝授ください。
場中を見ているということですかね?沢山の人がかかわって出来た日足を見る。場中(前場と後場)は見ないこと。見なければメンタルは関係がない。
一つ狂うとリズムが狂う…ピッチャーが続けてヒット打たれてしまった場合と同じ。
瞑想して、玉が入っている場合も「今日入れるとしたらどっちなのか?」と冷静に考える。
それと、練習量が増えていくと、メンタルが関係なくなる。
場外で練習をして場数を踏んで、反省をする。そうすると、あの場面と同じだよな、となる。

今日も身に沁みました!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 19:04| Comment(4) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

【株塾の復習】No.59 建玉の操作とリーディング、どちらの練習がよい?

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.59 2016/7/12放送分はテーマはなく、リスナーからの質問に答える回です。


リスナーからの質問

5日線下のコマ足陰線で空売りをためらってしまいます。
何故かできないことの一つになっています。クリアするためのアドバイスをお願いします。
該当の箇所2016/6/10の日経平均のチャートはこちら。

no59_nikkei225.PNG

「Try届かず」ですべての移動平均線の下で陰線なので売りは必須!
そして高値が切り下がっている。
しまねこもこういうチャート苦手です~💦
こういうところでしっかり空売りを入れれるようになりたいですね。


次は練習方法についての質問
練習その①補講動画でやっている一日一日右にずらして建玉をノートに書きだす方法。(建玉の操作の練習)平均値と利益/損失を計算している。反省を含めると毎日1時間以上掛かってしまいます。
練習その②ラジオでも推奨されていたリーディングは1年分が5分位で終わってしまい、きちんとモノになっているかが不安になります。
①と②どちらの練習の方がより効率よく勉強できるのかを教えてください。
その①建玉の操作の練習では損益は出さなくていい。上手く行く流れになってるのかわかるだけでいい。時間も短縮になる。
その②のリーディングは1年を5分では、舐めた(ぱーっと見た)だけ。それでは勉強になってない。
半年~4ヵ月分を15分くらい時間を掛けること
沢山数をやるために、流してしまったのでは意味がない。

①建玉の操作と②リーディング、どちらの練習をやるべきか…という質問については、どちらでもいいから集中してやること!
一番良いのはどちらも15分。建玉の操作を15分、リーディング(4ヵ月分)を15分。
毎日やる。ルーティーンにすること
時間の範囲で深くやるのがいい。

しまねこもリーディングと、なんちゃってペイント練習、たまに惰性になってないかなぁ…と自分に自問自答してます。
数だけ追い求めるんじゃなく、向き合う姿勢も大切ですよね!


日経225と日経先物のチャートに幾分かの差があることに気が付きました。
日経225のチャートは毎日のように窓を開けた日足チャートになっています。それに対して先物は窓を開けていません。
相場式は窓を開けていない先物のチャートを参考にした方がいいのではないか。この点について気になったりしませんか?
日経225も窓を開けていない時期もある。あまり気にしない方がいい。
日経先物を参考にするのではあれば、先物だけでやること。(いつも仰る定点観測、ですね)
いつも使っているモノを道具として職人の技を磨いている。
同じように、先物を道具として極めてほしい。狭く深くを追求してほしい。


『株は技術だ!』の書籍から

この回は相場さんの初の書籍『株は技術だ!』が発売になったころ。
相場さん自らが書籍について触れて、負けない3ヵ条について熱く語ってくれています。
その時間軸に負けない
その事故に負けない
その欲に負けない
2作目ではこんな熱い説明なかったなぁ~


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 22:53| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする