2017年09月24日

【株塾の復習】No.77 「上手になっていく過程」回数を重ねて回路を作ろう!

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.77 2016/11/15放送分は「上手になっていく過程」
この回も前回に引き続き、お弟子さんの大橋青史さんを迎えて。
…というか、前回収録したものですね。


テーマ「上手になっていく過程」

テーマは上手になっていく過程
みんな最初は下手。徐々に上手くなっていって、
今では利益を取れるようになってきた。

始めたばかりから、大橋さんレベルに達して、更に上手になってプロになっていく。
この過程が分かっていると、続けられるんじゃないだろうか。
壁にぶつかった時に、自分には才能が無いんじゃないかと思って途中で諦めてしまう人がいるが、上手になる方はこの壁を越えた人
自分がどの壁にあるか分かって、これは越えられる壁なんだと分かれば続けられる。
壁でもがき苦しんでいる初心者は多いが、そこで諦めるのはもったいない!せっかくこの株塾を聞いてるのだから。

赤坂プレミアクリニックの先生が話された
「レントゲンを見ても、教授が見えているものが分からなかった。レントゲンを300枚見てなんとなくわかって、500枚見てここに病気があることが分かった。
同じものを見ても病気に気づけない。
最初は分からなかったことが、ある時分かるようになる。

相場さんの話を聞いて、目から鱗が落ちて、じゃあ、やろう!と思ってすぐにやると失敗してしまう。
いい方法だからと思ってすぐ自分のものになっていないところでやってしまう。
その当時のエントリーポイントも、今見ると何故こんなところで入れてしまったのか、と恥ずかいくらい。

練習を続けていくと、間違えたところができるようになる。
見えるところが広がってくる
それで調子に乗って、いろいろ手を出してしまい撃沈する。
そこで学んだことは「得意なところで入る」、「いつもやらない」こと。
練習しているところを試合で使うと失敗してしまう

1回目の加藤さんのおやじギャグの反応の悪さっていったら(笑
それも、見てる範囲が広かった
物事が上手になる要諦。それは回数回数を重ねることで、回路を作る

相場さんは海外で講演するために英語を高速スピードでヒアリングしていて、最初はわからないのに、何回も聞くとわかってくる。数をやることが大事。
数をやって、自分の得意技を増やしていく。
今失敗したのは才能が無いわけではない。(身に染みるお言葉…頑張りますっ)


リスナーからの質問

リスナーからの質問
アーリーリタイアさん、いいペンネームですね~
リーディング練習をしていると、どの銘柄も取りやすい局面と取りやすい局面があることに気づきました。
取りにくい時には銘柄を浮気しても良いのでしょうか?
昔は1銘柄といっていたが、最近はやりにくい局面になったら銘柄を変えるのはあり。
自分で解決策を見出しているのは素晴らしい!得意技のところでやること

みずほFG(8411)でトレード。
まずはリーディング。B局面で下限195〜上限110円。
下から上がって来て、20日、60日線、100日線をこえて、300日線と節目で止まって、横張って揉んでいる
200円台の銘柄をでは、200円の節目は大きい。目安5%この場合は10円

no77_8411_1.PNG

プランは一度戻して、節目か移動平均線に当たって下げるパターン。
これはリーディング・ペイント練習をしていると、いくらでも出てくる。目に焼き付く!これは回路が出来てるということ
回路を作るためには回数。沢山やって回路が出来たら質を高めて、工夫をする。

同じ場面の相場さんのショートトレードの建玉も。

no77_8411_2.PNG


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 23:00| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

【株塾の復習】No.78 「空売りを入れた、上がってしまった、どうする?」

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.78 2016/11/22放送分のテーマは「空売りを入れた、上がってしまった、どうする?」


当時の東京マーケット

この時はドル円の為替が円安傾向になって、上昇中。A局面→B局面→C局面になったところ。

no78_nikkei225.PNG


テーマ「空売りを入れた、上がってしまった、どうする?」

相場師は売りが好き。建玉の操作を勉強していくと売りの方が有利だと気づく。下げの方が早いからですかね?
空売りを上げて、上げてしまった時まずは
①狙いが正しいかどうか?
例えば、ずっと上がってきて前の高値に並んだor節目に当たった→だから売りを入れた。でも上がってしまう場合もある。
動機が間違っていたら手仕舞うしかないが、狙いが正しければ反対玉を入れる。

移動平均線が下げているA(下落)局面で、空売りを入れて陽線が出た場合は買いヘッジを入れる。

no78_tategyoku1.PNG

C(上昇)局面で、下げてきた時に空売りを入れて陽線で反発した場合も買いヘッジを入れる。この時は買いを多めに。

no78_tategyoku2.PNG

節目で陰線勝ちになって、空売りを入れたが上がってしまった場合。これも買いヘッジを入れる。

no78_tategyoku3.PNG

この場面でもっといい方法(有料レベル‼)は上昇の買いの利益を背景に建玉の操作をしていくこと。

no78_tategyoku4.PNG
「肉を切らせて骨を断つ」最近もこのテーマでお話されてましたね。長いスパンで考えてみる


リスナーからの質問

売りが出来ない銘柄はうねり取りが出来ないだけでなく、イレギュラーなチャートになることも含めて排除した方がいいのでしょうか?
うねり取りのプロで買いしかやらない人もいる。一年に3回位うねる。2ヵ月半上げて、横ばって、2ヵ月半上げて。
その中の買いだけを取る、売りだけを取るという人もいる。
利益のチャンスを考えると売りと買いどちらも取った方がいい。
そしてちゃんと「うねる」ためには、売りと買いがたくさん入ってきて、いろいろこなれた方がいい。うねりやすくなる。
また、すべて上手く行くと限らないので、ヘッジという意味で売りが出来た方がいい。
現物の売りは「Sell(セル)」空売りは「Short Sell(ショートセル)」空売りが出来た方が、どんなに下げていてもいずれ買戻しが必ず入るので、こなれやすい。


信用取り組みは完全無視でいいのでしょうか?あまりに売り残が多いものは戸惑います。
相場さんは信用取り組みは完全無視。
例えば、PERが高すぎる場合、①買われ過ぎだからいずれ下がる→空売りを入れる判断。
でもPERが上がるのは②その会社が注目されていて、将来を期待されているから株価も上がる→買い。PERが高い銘柄に空売りをして失敗した人がいっぱい見ている。
そして、売り残が多いということは①下がると思っている人が多いから本当に下がってしまうかもしれないし、
売り残が多いから②そろそろ限界と見て買いを入れてやられてしまう場合も。
あまり上手く行かない。そうではなくチャートを見ること!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 09:00| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【今週の相場師朗の株塾】「赤と緑と終値と」シンプルに3本の線でトレンドを捉える

しまねこです。

今日はラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」の日!
テーマは「緑と赤と終値と」(「酒と泪と男と女」演歌風)相場さんらしいw


お知らせ☆

10月5日に相場さんの二冊目の書籍が発売になるそうです!
先日の無料動画講座でも新しい書籍が出る、という話ありましたね。
今回の本には「7の法則」も入っているとのこと。しまねこも楽しみにしています!発売イベントとかも期待♪


東京マーケットの解説

しまねこも今日の株取引の記事で注目していた売買代金!相場さんも注目されていました。
売買代金は通常は2兆円前後。今日は3兆円。1.5倍くらいお金が動いた。その分売った人、買った人がいたということ。
そして…なんと相場さんは引けで全部買い玉を手仕舞ったそうです‼あぁ~しまねこは保持しちゃったよ💦

相場さんが売った理由は、連続で6日上げている(日経平均は横ばいが2日ありましたが、それを除くと6日間上げています)
最近の上昇の理由は米国の利上げが確定していることを受けて、
①米国株が堅調に上げていること
②ドル円の為替が111円後半で円安に向かっていること。
これで株高になるのは理屈通りだが、
①の米国株は7連続。「7の法則」は米国株にも適用できて、7連騰はあまりない。(最大で11連騰)一旦売られる可能性がある。
終値線が一度5日線に触って、陽線で戻したらもう一度買ってもよい。
直近は押し目がありそうだが、中長期的にはドル円の週足から114円が前回の高値。今そこに向かっているようにも見える。(以前の株塾No.113で話されていた内容ですね)


テーマ「赤と緑と終値と」

は20日線、20週線。は5日線、5週線のこと。
緑が上を向いている時は赤はその上にある。その時は上昇トレンド。
下落は上に緑があって、その下に赤。緑と赤の関係を、赤と終値線の関係に置き換えると同じ事が言える。
終値との関係を見ることで、より読みが深くなる。

実際に日経平均のチャートで緑と赤と終値に注目してみます。
今日は画面を映す装置が故障したのか、相場さんのパソコンをカメラマンが手持ちのカメラで撮影(前にもありましたね💧)反射と微妙な揺れで酔いそう~

no120_nikkei225_1.PNG

no120_nikkei225_2.PNG

no120_nikkei225_3.PNG

赤と緑と終値の関係をよーく頭に入れて、チャートを30年分×数銘柄見て、今の理論でわからないところを、頭で考える。数をやって上手になる。


リスナーからの質問

日経平均と個別銘柄の関係はどの程度考慮したらいいのでしょうか?
日経平均は無視して大丈夫。個別銘柄の動きを優先すればOK
日経平均は気になるだろうけれども気にし無い方がいい。気にするなら為替。
ドル円の為替は長期的には5、7月の高値の114円を目指す可能性もある。個別銘柄と為替を見ていく方がいい。

no120_exchange.PNG


今までコツコツドカンの繰り返しでした。株トレード説明会やセミナーで本で学んだことが繋がってきました。
相場さんの手法(うねり取り、ショートトレード、ショットガン)はCFD、FXでも使えるとのことですが、日足は①東京時間または②24時間で一本どちらを日足として見たらいいのでしょうか?
②24時間で一本がいい。慣れてくれば時間を決めておけばどこでもいい。
ここで相場さんが暴露w相場さんはザラ場でトレードしてました。でもちゃんとルールもあって、1つの銘柄をトレードするのは一日一回まで。
相場さんくらいプロになるとローソク足の出来上がりが予測出来たり、素人に見えないものが見えるんでしょうね。しまねこは基本に忠実に引けor寄付きでやります。

分かる為には時間も必要。プロテインを飲んですぐに筋肉が付いたり、身長が伸びないのと一緒。
「一日にして成らず」
学んだ知識を熟成させて、知っているから分かる!にしたいですね!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 18:24| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

【株塾の復習】No.79 「今、上手くいっていない理由」を見極めて、しっかり反省!

しまねこです。

今回も過去の株塾の復習をしていきます。
No.79 2016/11/29放送分のテーマは「今、上手くいっていない理由」
お弟子さんの亀山正倫(かめやま まさのり)さんが初めて登場した回です。No.80でも登場されていますね。

亀山さんは、MBAを取得していて、シリコンバレーでベンチャー起業で勤めた後、現在経営者
リアルの株塾に入られて1年7カ月。
勉強方法はとっても硬派!
しまねこも見習いたいです。
書籍でも登場している「練習、練習、練習、鍛錬、鍛錬、鍛錬 湯呑」は亀山さんオリジナル。


当時の東京マーケット

当時の東京マーケット

no79_nikkei225.PNG

日経平均はドル円の為替に連動。(最近も本当にそうですね)為替が円安値に届きそうになってから、緩んで一旦円高に向かった。

no79_exchange.PNG

でも、移動平均線の向きと並びから、一旦円高になっても戻す可能あり。実際に5日線に触って反発してますね。こういうところで空売りだ!と言っちゃうと、痛い目に遭いますね。
建玉の操作で、売りは戻した時にパッと抜くこと!


テーマ「今、上手くいっていない理由」

テーマは今上手く行っていない理由。
今、上手く行っていなかったらスポーツと一緒でウィークポイントを潰して行けばいい

JT(2914)を例に見ていく。JTで上手く行っていない人は”空売りを持っていて持っていかれている”
長い陰線で空売りを入れても、翌日の「半分の法則」(=上向きの5日線の上にローソク足身体半分以上が出ている陽線が出たら買い!)で絶対買いを入れること。

no79_2914.PNG

新日鉄住金(5401)で今やられているとしたら、陰線で横ばったので売りを入れた。陽線で反発したら買いヘッジを入れないとダメ
元に服したんだから買いを多めに。

no79_5401.PNG

ソニー(6758)
これも下の方で空売りを入れて、買いヘッジを入れられず上げてしまったケースなど。頭の切り替えが、必要

no79_6758.PNG

もう一つJUKI(6440)

no79_6440.PNG


亀山さんの建玉と株の向き合い方

亀山さんはペイント練習を、1000枚以上。
300枚を越えた頃に、難しいところを実戦でもやりたくなってしまい
「オレ凄いな」と思いながら自己満足でやっていると負けることが多い
職人が難しそうなものをいとも簡単にやっているのは職人にとって簡単になっている。本人にとって簡単なところをやること。
かっこよく勝つよりかっこ悪く勝つ!基本に忠実に!

ペイント練習は一枚やるのに20分
枚数を重ねるとチャートが読めるのようになってくる
株で利益を取るのは、給料を取るくらい利益を取るわけだから
給料を取るくらい練習しないといけない。←はい!

亀山さんが手がけていたNTT(9432)の建玉を見ていきます。

no79_9432.PNG

イベント前に手仕舞ったり、そこで買いを入れながら売りを切って行ったり、基本に忠実な建玉!
一旦切った後に、前の玉にプラスして入れるところ、(0-8を切ってから、再度上昇になったのを見て、買いを2つ追加して0-10を入れるところ)自信がないと出来ないですね。しみじみ


株道!座右の銘

亀山さんの座右の銘「チャンスは無限、じっと待つ
「余計な情報はインプットしない」
過ぎたことは悔やまない、しかし反省はしっかりする

野村元監督の言葉で「大事な試合は3回する」その意味は、①想像試合、②実践試合、③反省試合。プロはみんなそう。将棋でも、株でも、アナウンスでも。

甘く立ち向かうのではなく、仕事同じくらいの真剣さで!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 09:00| Comment(2) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

【今週の相場師朗の株塾】うねり取りの銘柄は2つまで!うねり取りで狙えるところ、ショットガンでやるべきところ

しまねこです。

火曜日といえば、ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」の日ですね。
今日はテーマはなく、リスナーからの質問に答える回。前回の放送後に収録したものですね。


リスナーからの質問

うねり取りの銘柄数について
1銘柄に絞ると仰られていますが、シャープや東芝の事例を目の当たりにすると1銘柄に絞るのが怖いのと、株価が動かないことを考えると、複数銘柄が有利では?
7銘柄(JT、セブン&アイHD、出光興産、神戸製鋼、ブリヂストン、ワコム、日本郵船)をうねり取りのつもりでトレードしています。
一銘柄に絞れるよう、背中を押してほしい。
銘柄数が多いのはよろしくない。
でも皆さんも7銘柄くらいお持ちではないか?→ギク…しまねこもショットガンも含めてですが10銘柄あります💦
銘柄が増えると株価の動きを追いかけられず、危険!

シャープや東芝の事例も一気に株価下がるわけでは無く、チャートが下落に向かうなどプロセスがある。ニュースで知ってから別の銘柄に乗り換えるのでもいい。
事故のことを考えて対応すると何もできなくなってしまう。

1銘柄だと動かないことがあるから、別の銘柄にと移っている間に、その銘柄が動くことがある。
B局面の後に抜けるとか…動かないところをずっと眺めていくと、動くところが見えてきて、その方が取れる。
2~3銘柄に絞って、こうなったらああなるを考えていく。
450万の資金であれば、信用倍率2倍の900万円まで。1銘柄でうねり取りが出来るのは1年に2回。それ以外はショットガンとショートトレードでやる。

清水建設(1803))でうねり取りが出来るところを見ていく。
まず、下落を見ていって(この場合は暴落に近い)、20日線Tryを繰り返しまもなくB局面横ばいになってC(上昇)になっていくだろうと読める。
下げているところなので売りで入る。下がったら売りを追加しながら、いずれ上がるために買いを入れていく。

no119_1803_1.PNG

ここでうねり取りが出来ても、この後3ヵ月の横ばいがあったりする。その時はショットガンで。
その後、底値が固まってきているところで買いを溜めて、うねり取りで上げを取る。

no119_1803_2.PNG

その後はうねり取りのチャンスはなく、ショットガンで取っていく。

no119_1803_3.PNG

相手がこう来たらどうするか。将棋の対局と同じ。数が多いと見切れなくなる。
チャートを見ながらではなく、電車やお風呂など ふとした瞬間に考える。
成功のスタートは絞ること!」2銘柄くらい。

最近うねり取りの話が無かったのと、うねり取りとショットガン・ショートトレードで狙うべきところを教えてもらって、とっても為になる回でした!
しまねこはショットガン、ショートトレードで進めていきます!


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
posted by しまねこ at 19:01| Comment(0) | 相場師朗の株塾 | 更新情報をチェックする