2017年12月17日

【書籍】金CFDを考えていたら『お金がずっと増え続ける 投資のメソッド -アイドルのわたしでも。』に出会いました

しまねこです。

しまねこが株トレードを始めてから、今月で1年経ちました。
相場師朗さんを知った2016年10月には株用語もチンプンカンプンでした。ローソク足の見方すら知らず…💧
「寄付」とか「成行」とか「指値」とかも知らなかったのです。
今年は株についてちょっと語れるくらいいろいろ勉強できました。
投資成績はいまいちですが…最近も懲りずに失敗しているし
それでも、少しずつ成長している気はしています。(そう思いたい…)


最近気になった本

そして、本屋さんに行くと株式投資コーナーに行ってしまうという…これも一年前には考えられなかったこと。
もちろん手法ジプシーにはならない!相場式で頑張る!と決めていますが、ちょっと他の方の手法の考え方とか、勉強の為に学んでいたりします。

今回気になって手に取った書籍がこちら。

IMG_2946.JPG


乃木坂46の高山一実さんとマネーパートナーズ社長の奥山泰全さんの共著です。
9月に発売された本なので、すでに手に取った方も多いかもしれません。しまねこは最近知りました。

先日、相場さんが金や原油をやっているなぁ…という話から、気になってNY Goldのチャートを見続けているのですが、この本は金の投資について書かれています。
考えているといろいろ引き寄せる…そんな法則ありましたよね(笑

この本はCFDやビットコインなどを手掛けるマネーパートナーズの社長奥山さんが、投資初心者の高山さんにCFDで金投資していく方法を教える構成になっています。


紹介されている手法

この本で紹介されているのは…

ニュースやチャートは読まない
買いのみ
下がったら買うの逆張り
 本の中では5ドル下がったら1つづつ買い足していく
一定値上がったら売る逆指値を設定する
 本の中では7ドル上がったら1つづつ売っていく
(アイドルという忙しい仕事なので)ザラ場は見ず、指値を入れておいて、買えたり売れたりしたら次の指値を入れておく
これを繰り返してある一定回数の売買を続けるとプラスに転じていく、というもの。

ドルコスト平均法のCFD版って感じがしました。

この中で興味深かったのは、金は鉱山や海底で金を採掘する原価が1200ドルくらいかかるので、それ以上に下がることが理論上無い。
採掘コストが見合わなくなるという点で底値が分かりやすい。という事。
先物って怖いイメージだったのですが、モノであるということは、モノに裏打ちされた価値がある。という面では株よりもある意味安心なのかもしれません。


注意点もあります!

ちょっと興味を持ちましたが、このやり方に注意点があります。
本では書いていないのですが(分かりやすくするために敢えて書いてないのか…マネーパートナーズさんの戦略なのか不明ですがw)
CFDなので買いのみであっても1泊毎にスワップポイント(間違って記載していました×スプレッド)が発生して(信用取引の金利と一緒ですね)なかなか7ドル上がらないで売れないとスワップがかさむこと。
売りだと逆にスワップが頂ける、という点では売りをしたいなぁ…という気分になってしまいます。


しまねこが思ったこと

そしてこの手法、せっかく逆張りしているんだったら、相場さんの空売りを入れながら、2→3→5と買い下がる方が有利だなぁと思ったりしました。

もうちょっと考えてみて、有効性が感じられたら、別枠でやってみるかもしれません。(これってジプシーかな💧)
でも、金のチャートを見る限り、なんだかとってもきれいなチャートなのでチャートを見てやらないのがもったいない…という気分にも(笑
まだまだわからないことがいっぱいなので、好奇心旺盛にいろいろ学んでいこうと思います♪


お金がずっと増え続ける 投資のメソッド ---アイドルのわたしでも。


ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
スポンサーリンク
posted by しまねこ at 20:26| Comment(4) | 雑感:書籍 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

【書籍】『一生モノの株のトリセツ』を読みました

しまねこです。

先日発売になった相場師朗さんの新刊『一生モノの株のトリセツ』読みました!
早速感想などを書いていきたいと思います。

IMG_2769.JPG

待望の二冊目!

一冊目『株は技術だ!』から約1年後に早々と二冊目!
相場さんの人気ぶりが分かりますね。
一冊目より初心者にもわかりやすく、まとまっていた気がしました。
そして、ラジオNIKKEIの株塾やセミナーで勉強している方にはお馴染みの"目印"や"技"が惜しげもなく公開されていました!


目印や技を惜しげもなく公開!

紹介されていたのは…
ラジオNIKKEIの株塾では「半分の法則」や「逆半分の法則」と読んでいる5日線を陽線でローソク足実体の半分以上越えた時→買いのサイン(逆は5日線を陰線で割り込んでローソク足実体の半分以上割ったとき→売りのサイン)。これはリアル株塾で呼ばれているらしい「下半身」「逆下半身」と…(下ネタなので…ラジオではNGですが)出版社の許可が出たんですねw💦

それと、しまねこの形(カタ)図鑑でもまとめている「ものわかれ」や「トライ届かず」(このブログでは「もの別れ」、「Try届かず」と記載していました)

そのほか、「N大」や「逆N大」(このブログでは「日大」や「逆日大」と記載していました)や頻繁に利用している「7の法則」、上向きの20日線を5日線が抜いてくる「くちばし」と下向きの20日線を5日線が抜いてくる「逆くちばし」等も。

もうこれを読めば予習はばっちり!後はひたすら練習するのみ!w
とはいえ、練習が相場式の胆(キモ)なので、これが大変なのですけどね…💦ホント大大実感してます。


上達の秘訣は楽しんで練習すること

そして、最近相場さんがよく利用している、ローソク足を消して、終値線と移動平均線を使ったものを「忍法・ローソク足隠し」と命名したり、読んでいて楽しくなる本です。
楽しんで取り組むことが上達の秘訣、ともあって、改めて向き合い方を気づかされました。
最近ちょっとトレードや練習が辛いなぁ~と思うこともあったので、いろんな発見を楽しんで!
お金儲けをする、というより技を身につけることや、新たな発見を楽しみながらできる工夫をしようと、ワクワクが復活しました!


個人的には建玉の操作が豊富で(今回は建玉の操作は3ページ程)や相場さん節全開な前作の方が読みごたえがあって好きですが、こちらも何度も読み返そうと思います。

巻末の「相場式・実践練習100銘柄」もJPX400の馴染みの銘柄がいろいろ。しまねこが手がけたことがない銘柄もあるので(多くは値嵩株かも💧)チャートチェックしてみます。

まだ読んでない方は、ご興味あればぜひ♪

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
スポンサーリンク
posted by しまねこ at 20:09| Comment(4) | 雑感:書籍 | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

【書籍】『サピエンス全史』&『まんがでわかる サピエンス全史の読み方』のしまねこ所感

しまねこです。

やーと、やーと『サピエンス全史』読み終えました!
昨年発売されてから、本屋さんではずっと目立つ場所に平積みですね。
皆さんは読まれましたか?

書籍:サピエンス全史

長らくかかったのですが、上下巻読み応えありました!面白かったです。


サピエンスの歴史の3つの「革命」

なぜ私たち人類の祖先であるホモ・サピエンスだけが繁栄できたのか?
その答えを著者は「虚構フィクションを共有できた」からと説明します。

ホモ・サピエンスは虚構、すなわち架空の事物について語る能力を持つことで、他のホモ属(現生人類の祖先になりえた人類)を一掃した。
そのことを「認知革命」と説明し、この「認知革命」によって、伝説や神話、宗教などが現れた。

そして、現在「正しい」と思っている価値観も、現在のサピエンスの「虚構の神話」にすぎない。
歴史の中で、ハンムラビ法典で階級制度があったり、奴隷精度、性別差、選挙権についても、「それぞれの時代では、それが正しかった」と。
最もよくできた「神話」は貨幣というのもうなずけます。

次の変化は「農業革命」
野生の動植物を狩猟・採集することで暮らし続けてきたサピエンスが、植物を自ら栽培し動物を家畜とする。
このことによって階級制度が生まれ、農耕民は未来のために働く必要性に駆られるようになる。
将来への不安というのはこのころから生まれたのでしょうかね。
次の変化は「科学革命」こちらは別の書籍と違う新たな視点はなかった気がします。


サピエンスの未来

上巻のホモ・サピエンスの歴史も面白かったですが、第19章「文明は人間を幸福にしたのか」、第20章「超ホモ・サピエンスの時代へ」が一番考えさせられました。

特に最後の章の「超ホモ・サピエンスの時代へ」は人工知能、サイボーグのような脳との接続、 自分の脳が他人とつながる世の中がそんなに遠い未来ではなく、

直面している真の疑問は「私たちは何を望みたいのか?」だと。(この問いかけが重い...。)
その答えを出すためにも「何が幸福か?」を考え続ける必要があるんだな、と感じました。


まんがでわかるシリーズは手軽だけど

まんがでわかるシリーズ『まんがでわかる サピエンス全史の読み方』も出ていました。
ざっと読んだ感じは、『サピエンス全史』のエッセンスを短時間に味わえる感じ…ではありますが、

書籍:まんがでわかる サピエンス全史の読み方

主人公の女の子がニートだったり、クライミングを初めて考えが変わっていくところとか
なんでクライミングなんだぁ〜とか、ツッコミどころが満載で
原本を忠実に漫画にしたわけじゃないので(忠実に小学生向けに漫画にしてくれた方がよかったのに~と思ってしまいました)、
お時間がある方はぜひ原本の『サピエンス全史』をおススメしますよ。

売れた本なので、中古も出てきてますね。

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
スポンサーリンク
posted by しまねこ at 12:50| Comment(0) | 雑感:書籍 | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

【書籍】『小さな習慣』のしまねこ所感

しまねこです。

先月のアカデミーヒルズのブックレビューにもピックアップされていた
『小さな習慣』を読みました!

small_habit.jpg

かわいい表紙で気になっていたんです。
まさにジャケ買いw


小さな習慣とは?

内容は、表紙にも書いてある
目標達成の秘訣は、
ばかばかしいくらい小さくして、小さすぎて失敗すら出来ないものにすること!

小さな習慣とは、
毎日のこれだけはやると決めて必ず実行する本当にちょっとしたポジティブな行動。

筆者が始めたのは
腕立て伏せ1回チャレンジ!
なんてかわいい目標w

そこで、自信をつけて、より大きなことを成し遂げた経験から、
小さな目標は大きな目標より優れている!と結論づけたそう。
筆者は腕立て伏せ1回の目標から、ジムに通うようになって、理想の身体を手に入れたそうです!

ある研究(デューク大学の研究)によれば、私たちの行動の約45パーセントは習慣で成り立っているそう。
だから、習慣の積み重ねが将来の大きな成功につながる


小さな目標を達成するためには

行動を細分化して、最小単位に落とし込む。
やり始めると、どんどん大きな目標にアップグレードしていきたくなるが、
そうすると、自由・自主性・柔軟性を失ってしまう。小さな目標のままで
自分の毎日の目標は変わってないのだとつねに意識する
絶対に自分を責めたり失敗だと思ったりしてはいけない
大きな目標は拒む!
あまったエネルギーは野心とおまけに使う


人生の最強のツールとなるのは継続する力
それが行動を習慣に成長させる、ただひとつの方法


しまねこの「小さな習慣」

なんかミョーに今のしまねこにフィットする内容でした。
しまねこのブログの最小単位の目標は「毎日どんな記事でも良いから書く。」
(PC版のカレンダーのレモンのハンコをもらうイメージ)
で、ちょっと欲が出て、みんなに役に立つ良い記事にしたい!とか
PV(アクセス)数を上げたい!とか、
いろいろ出てくるのですが、
あんまり目標をあげると、途端に楽しいものから苦痛なものに変わってしまって、
自分が楽しんで始めたのに、義務感でやることになると、記事も面白くなくなるし、本末転倒です。

株の勉強もあまり大きな目標は立てず、
「毎日必ず何かチャートリーディングする!」くらいに捉えてます。
どんどんやりたい時は思う存分!でも目標は上げない。
そしていつか「1,000枚(3,000枚?)に!」と。
もっと追い込んだ方が伸びる時はあると思うのですが、
嫌になったりした時に、そもそもこれだけ出来ていたら上出来!って思うのか、
出来ない自分を責めるのかで、全く違ってしまうと思うのです。

甘いヤツと思われるかもしれませんが、、小さな目標を習慣にして、ゆるゆる頑張っていきたいです。


この書籍に関する情報

著者の本のもとになったブログはこちら(少々英語の勉強になりますw)
こちらからメールアドレスを登録すれば、英語版の第1章が無料で読めるようですよ~

日本語版はこちら↓

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
スポンサーリンク
posted by しまねこ at 11:00| Comment(0) | 雑感:書籍 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

【書籍】堀江貴文さんの『多動力』を読みました。

しまねこです。

本屋さんで気になって、堀江貴文さんの最新作『多動力』を読んでみました。

書籍:多動力

堀江貴文さんのことは好きでも嫌いでも無いのですが、主張していることには真実があるな、と思いますし、カリスマですよね。
自分の意思をしっかり持っているところがすごいと思ってます。

今回の本、本の中でも「インタビューからライターさんが書き起こしている」と言っています。
だからなのか、主張が一貫しているからなのか、他の本と違う新たな主張があるわけではないです。
堀江さんらしい主張が展開されています。


「ワクワクしない時間」を減らしていく

「ワクワクしない時間」を減らしていくことに書かれていた部分がありました。

ワクワクしないことは徹底的に外注していて、本の執筆もその一つ。
服選びも得意な人にZOZOTOWNのオススメを送ってもらい、その中から買うそうで、外注できないのは歯磨きくらいとw

しまねこは完全に義務教育で「みんなと同じように頑張るのが素晴らしい」とバランス感覚を洗脳されたクチなので、
そこから抜け出すのは至難の技です💦

今、働いてなくてトレーダー見習いしてるのも、たまにこれでいいのかな?って思ったりします。
自分の人生を自分が楽しいと思うことで満たすことに、なんだか罪悪感を感じてしまうという、、

そんな中、堀江さんは嫌なら辞める、ワクワクすることしかしないと明確です。
すっぱりしていて、羨ましいです。


これからの時代に必要とされる人

「すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。」

これからの時代必要とされる人は、「サルのようにハマり、鳩のように飽きる」人。
どんどん越境して、どんどん新しい楽しいことにチャレンジする人。=「多動力」のある人

しまねこも若い頃はSEの仕事がほとんど遊びというか、サークル感覚だったことがあって、
新しいことを知る喜びとか、作り上げる喜びとかがありました。
その時は深夜の作業でも、終電でも辛くなかったんです。
でも、なんかワクワクしなくなっちゃったのですよね。

いま、株にはワクワクしてます。
相場さんの技術を身につけることにワクワク。
こんな感じで動いていけばいいのかしら、と。

楽しいことばかりでは満たせないけど、楽しむことで人生は違う色に見えてきますね。

ブログ村参加中!クリックして頂けると励みになります
スポンサーリンク
posted by しまねこ at 08:11| Comment(0) | 雑感:書籍 | 更新情報をチェックする